「人生のスタイルを実現するための、いくつかの手段。農業は、その中のひとつ」久保寺 智さん(前編)

小田原を拠点に、シンプルな農業を目指している久保寺農園。運営者の久保寺 智(くぼでら さとし)さんにお話をお聞きしました。
久保寺農園のホームページ

ご実家が農家で継いだということですか

久保寺 いえ、実家が農家ではないですし、僕自身も音楽業界で会社員として働いていました。いま思えば、よく会社勤めが出来ていたなぁとは思いますが(笑)。

当時は自分の思いと実際の仕事との折り合いをつけることが、うまくできていませんでした。落としどころを見つけられないまま生活していました。

ある時知人に、農業体験に誘われたことがきっかけで、農とのご縁をいただきます。元々アウトドアが好きで、その流れの中で声をかけていただく機会をいただけたのだと思います。

それが農業に触れたはじめての機会

久保寺 そうです。そのときは、有機農業とか、自然栽培とかそんな意識は全くありません。ましてや、生活をするためのツールになるとも夢にも思っていませんでした。ただ、体験していく中でとても面白いと感じるようになったんです。

という感じで、最初から農業に取り組もうと計画的にやってきたわけではないんです。興味の向く方に進んでいったら、たまたまそこに農業があった。そういう感覚です。



本格的に農業に進もうと思ったのは

久保寺 これは突き詰めていく価値のあるものだな、という思いが固まった時期があり、「農業とはなんなのか」を知るために方々の農村へ旅に出ました。1年程かけて各地の農場を訪ね歩きました。

関東圏がメインではありましたが、四国、兵庫の方にもいきました。20軒くらいでしょうか。慣行農業、有機農業などさまざまな農業のスタイルに出会いました。野菜だけでなく、果樹園にも行きました。農産物、スタイルを問わずにいろいろな農家さんを訪問しました。

おすすめ記事

関連記事一覧