「ローカルの活動をグローバルな活動につなげていきたい」今林 久則さん

藤沢・茅ヶ崎にて有機栽培野菜を育てている、「イマハ菜園」。園主の今林 久則(いまはやし ひさのり)さんにお話をお聞きしました。
イマハ菜園のホームページ

農村で暮らす人と都市で生活する人の架け橋に

生ごみから堆肥をつくる活動をはじめたと聞きました

今林 ローカルフードサイクリングという、食を通じて地域循環をさせる活動です。家庭で出る生ごみを使い、ダンボールの中で堆肥をつくる。できた堆肥を回収して、生ごみ堆肥用の圃場に集める。その堆肥を使って野菜をつくり、その野菜を参加者に還元します。自分が住んでいるマンションの入居者の方たちと一緒に始めました。

ダンボールコンポストの堆肥

ローカルフードサイクリング活動は福岡にある循環生活研究所という団体が2015年から実施しています。この活動を地元の人と一緒にやりたいと思いました。同じマンションで暮らす人に説明会を開き、主旨に賛同してくれた人とスタートしました。

堆肥については、茅ヶ崎牛の牛糞を買ったりしていますが、トレーサビリティの観点からもどこから来た堆肥なのかが明確な方がいいですよね。地域の中で循環することで、持続性も高まる。6家庭からスタートしましたが、徐々に広がっていくといなと思っています。

これ以外にも、ご家庭の生ごみを堆肥として使って、各自で野菜を栽培する活動も考えています。畑で参加者の区画を割り当てて、自分の手で野菜つくりが体験できる。自分の手で育て、新た発見を得る。これが、生産者と消費者の理解が深まるきっかけになればと思います。



他にも地域の人と取り組んでいることはありますか

今林 今年で3年目になりますが、参加者全員で稲を育てる「田んぼの会」ですね。収穫したお米も全員で均等分配します。自然環境や生物の多様性、田んぼの貯水機能など、稲を育てる過程で学ぶことができる。この会も同じマンションで暮らす人に説明会を開くところから始めました。

一年目は田植えと稲刈りだけのイベントとして、受けとられた感じがありました。稲を育てるためには、草取りも必要な作業ですがそこまでは手入れが進まなかった。

いまでは、来年の計画や草取りのシフトを決める作業など、参加者が自主的に行動してくれるようになりました。地元のお祭りに稲を奉納したり、住民間だけではなく周辺地域とつながりも生まれてきました。

マンション住まいの新規就農者として都市で働く人と農業をつなぐ役割は何か、ということを常に考えています。農村で暮らす人と都市で生活する人の架け橋になるというか。自分にしかできないことだと思っています。

地域の人たちと、楽しみながら活動を展開していく

農業を始める前のお仕事は?

今林 IT関係の仕事をしていました。規模の大きなプロジェクトに多く携わっていた。社会的に望まれていること、自分自身のモチベーション、会社からの評価などが一致していて、とてもやりがいがあった。

しかし、いつしかそこがかみ合わなくなってきたんですね。そこで、世の中の役に立つこと、自分自身が楽しみながら納得感を持ってできることを探すようになりました。

いま振り返ってみると、祖父や父も漁業に携わっていました。実家のある地域は、半農半漁で生計を立てている人が多かった。みんなずっと仕事をしていたし、身体も健康そのものという感じで。人間的で素晴らしいという思いでみていたのが、農業を始めたことにつながっているのかもしれません。

「IT関連と農業は180度違うよね」と言われることが多いですが、ものづくり、プログラミング、仕組みやルールを作って運用していく過程など、ITと農業で共通している部分は多い。野菜が元気に育ったり、システムが稼働したときに感じる喜びは同じですよね。

おすすめ記事

関連記事一覧