「誰でも活躍できる、輝ける場所にしていきたい」井上 宏輝さん

「人も自然も有機的に関わり合う農を目指す」藤沢市 にこにこ農園。園主の井上 宏輝(いのうえ ひろてる)さんにお話をお聞きしました。
にこにこ農園のホームページ

 

養護学校の教員から農業へ

農業と関わるきっかけを教えてください

井上 最初に農業にふれたのは高校です。農業高校の出身。中学卒業後の進路を決めるときに担任の先生に「君にぴったりの所がある」と勧められました。それまでは一切、農業に興味はなかった(笑)。

教員になりたいと思っていました。中学校の先生がとてもいい先生だったから。教員になるために、どんな大学に行くかを模索していた。高校では食品にかかわる学科を専攻したので、パンやケチャップ、味噌を作ったりして高校生活を送っていました。

高校生活の中で、徐々に農業を身近に感じて、面白いと思うようになった。興味があった微生物のことを学べる大学に進学して卒業後、念願の教員なりました。

養護学校の教員からなぜ農業を

井上 卒業後、生徒を受け入れてくれる場所が少ないと感じていました。また、当時は耕作放棄地の問題が取り沙汰されるようになった時代。それを知って、このまま教員を続けていいのか、と考えるようになりました。教員になる人は今後も増える。しかし、農業からはどんどん人が去っていく。

そこで、生徒の卒業後の受け入れ場所としての農業を考えたんです。障がいを抱える人との関係性も理解していて、農業の経験もある。他にこんな人はいないだろうと。障がいを抱える人が働ける場所としての農業を実現したかった。



ときどき、「周囲から好きな農業をやれるって、いいよね」といわれます(笑)。確かに農業は好き。しかし、それだけをやりたいわけではない。いろいろな個性を持った人が働ける場所としての農業は、とてもいいと思っています。そんな場所を作れたら、とても価値があって、カッコイイことですよね。

教員6年目くらいそんなことを思うようになって、それから2、3年いろいろと迷ってから教員をやめました。30歳だったのでこの年齢なら2回くらいは失敗できるだろうと(笑)。

福祉と農業は相性がいいといわれますね

井上 障がいを抱える人が働く場所は室内が多い。養護学校も同じ。みんなそうだと思うんですけど、室内の作業は眠くなる(笑)。外で汗をかきながら作業できる場所があるといいなぁ、と思ってました。

それに、外で何かをしている生徒はとても楽しそうに見えた。障がいといっても一括りにはできません。いろいろな個性を持つ人がいる。農業も畝をスコップでつくったり、タネをまいたり、いろいろな作業がある。作業をしていなくてもただ土に触れているだけ、座っているだけでとてもいい表情をしている人もいる。土の感触や風の心地よさ、太陽の熱を感じているんだと思います。

外に出て、五感で感じることが大事なんでしょうね。カラダを刺激して、何かを感じて、自分で考える。僕がなにかを指示し、その通りに作業するのではなく、環境そのものが何かを感じさせてくれる。それで十分なんだと思います。

外での環境がとても大事なんですね

井上 教室では「何かをすること」が目的になってしまう。教える側も、何か仕事をしなければならないと考える。畑ではその人がやっていることを黙って見守るんです。相手とある程度の距離感を保ちながら。なにかあれば向こうから声をあげてくれます。こういうコミュニケーションが成立するのが畑の良さ。大きな声を出すと教室では双方にとってストレスになるけど、畑だとそうはならない。

物理的な距離を取れる環境だからこそのコミュニケーションの方法ですよね。近い距離でずっと作業していると、こちらから間違いを指摘したり、先に答えを言ったり。これでは、本人が考える時間を奪ってしまうんですね。ある程度の許容範囲があって、その広さの中で自分自身で考え、行動できる。農業にはそういう環境があります。

おすすめ記事

関連記事一覧