有機農業での、生産者と消費者の理想的な関わり方って?

相原 成行(あいはら しげゆき)さんに有機農業についてお話をお聞きするシリーズ第2回。
相原農場のホームページ

有機農業への消費者の関わりとして、正解はあるのでしょうか?

相原 これだ、という答えはないと思います。生産者と消費者の関係は変化していくもの。有機農業の場合、生産者と消費者が野菜を通じてコミュニケーションをとることがとても重要です。双方が同じところにとどまっている関係性でなく、変化していく状態。これが、おたがいに成長しているということなのか、衰退している状態なのかはそのときによって違いがあります。



有機農業が出てきた1970年代は、消費者活動が盛んだった時代です。消費者グループという集まりで栽培した野菜をすべて引き取る、提携というスタイルが主流でした。「有機農業は生産者と消費者の提携である」ということです。この時代は生産者と消費者の目指すところがシンプルだった。それが消費者グループが生まれた理由かもしれません。

消費者グループというのは、一定の人数が集まって協同で購入をするというスタイルですか?

相原 そうです。有機農業が始まった理由は、生産者に農薬などの影響で体調を崩す人が出てきて、一方で消費者側でも子どもがアトピーになって安心・安全な食べ物を探すお母さんたち増えてきたという時代背景にあります。そこで、お母さんたちが有機野菜を協同で購入するためにグループを作った。

生産者の中には、このグループの中にメンバーとして参加し、より深いかかわりを持つ人も出てきました。私が子どもの頃はグループのメンバーの方が援農に来てくれていました。そういう関係性があって、有機農業が成り立っていた側面があるのです。

おすすめ記事

関連記事一覧