消費者からみた有機農業のわかりにくいところ

相原 成行(あいはら しげゆき)さんに有機農業についてお話をお聞きするシリーズ第1回。
相原農場のホームページ

まず、最初に。有機農業を一言でといわれたら?

相原 ひとそれぞれ、関わり方によって違うので、「これ」というひとつの答えは無いですね。あえて、一言でいうなら「生き方」としかいえない。どう生きていくのかとう基本になる部分。農業を仕事として考えるならば、生産して売って、利益を得て生活する必要がある。しかし、そこだけを重視してしまうと効率重視の生産工場になりかねない。何を大事にしていくべきか。これを考え、見極めていくことですね。

消費者は有機JAS法をどのように理解すればいいでしょう?

相原 この法律が作られるとき、いろいろな議論がありました。その当時、有機農業の現場で何が起こっていたのか。いままで自分たちがやってきた有機農業とは違う有機農業が現れたのです。



それは、法律で定められた資材を使っていれば有機JASマークはつけられるという仕組みを使った有機農業。そのマークをつける理由は売るため。そのためにマークを取得する。

この法律によって単一作物の栽培と売るまでの作業を速く回すスタイルが生まれました。葉物野菜ならそれだけを栽培して販売する。もちろん、決められたルールの中で栽培しているのだから、有機野菜であることに間違いはない。しかし、生産の仕方や栽培方法の視点から見た場合、慣行栽培とあまり変わらない側面があるのも事実なのです。

有機JAS法ができるまで有機農業は、多種多様な品種の野菜を栽培していくのが主流でした。有機JASマークの出現によって、有機農業の根本部分に対する考え方や栽培方法が違う新たな有機農業が誕生した。しかし、どちらの「有機農業」も「有機農業」という同じ分野に存在することになってしまいました。ここにも有機JAS法の問題の一端があると思います。

その違いは消費者からは見えない部分ですね

相原 誤解して欲しくないのですが、法律で定められたルールに沿って栽培をしていれば、「有機農業」という言葉に嘘はありません。しかし有機JAS法が定められたとき、議論が沸き起こったのも事実なのです。それまでの主流であった「有機農業」を実践してきた人たちと、ルールに沿っているから「有機農業」である、という新しいやり方を生み出した人たち。その違いは伝わらずに消費者からみると、すべて同じ「有機野菜」として見えてしまうでしょう。

おすすめ記事

関連記事一覧