畑のものは畑にかえす

相原 成行(あいはら しげゆき)さんに有機農業についてお話をお聞きするシリーズ第3回。
相原農場のホームページ

前回、見学させていただいたときに、畑の隅に草が積んであったのが気になりました

相原 以前、成田の方にある有機農業の畑を見学にいったときに教えてもらいました。畑で刈った草を同じ畑の一角に、山のように積んでいました。その農場では、草刈り専門のパートの人を雇っていました。時間をかけて肥料にして、畑に戻していくことができたらいいなとは考えていました。



しかし、相原農場では草を刈り取るためだけに人を雇うことは現実的ではなかった。相原農場には援農の人や研修生がいますが、有機農業を理解するための一通りの作業を学んでもらうことが目的です。こちらの都合で、草を刈る作業だけをしてもらうわけにもいかない。そこで、自分たちでできる範囲から始めて、いまの状態になりました。

時間をかけて草を分解することが大切?

相原 自然栽培を実践している人に会ったときに、畑のものと山のものでは分解するスピードが違うと言われたことがあります。畑のスピードにあったものを使う方がよいという意味です。畑で刈った草や野菜残渣を積んで、そのままにしておく。自然の分解のスピードにゆだねて、土になるのを待つのです。ひたすら待って、奥の方からできてきた土を少しずつ取り出し、床土として畑に戻します。

畑の草を刈って積んでいく手間はかかりますが、畑は片付いていく。結果的に作付け作業のスピードアップにもつながります。草をそのまま、うないこんだとしても、畑の土が草を分解してくれる。草が分解するスピードについては、以前に体験したあることが役立っています。

おすすめ記事

関連記事一覧