横浜の野菜直売所、生産者の情報が満載です!

ながさわファーム【横浜市港北区のイチゴと野菜直売所】

ファイル-2016-01-22-15-30-3

ながさわファームは港北区にある農園で、いちごと野菜を栽培・販売しています。5品種のいちごと年間約30品目の野菜を育てています。

P1040812

特にいちごが自慢で、おいCべりー、紅ほっぺ、桃薫(とうくん)、さちのか、章姫(あきひめ)を栽培しています。横浜ではなかなか目にすることが少ない、いちごもありお客様に人気です。季節の旬な野菜も直売所に並びます。

P1040788

2P1040820

P1040777

生産者の長澤佑典さんにお話しを伺いました。

主品種は紅ほっぺ、おいCベリー 【動画】

紅ほっぺ、おいCベリーが人気で収穫量の多い、いちごです。他にも桃薫(とうくん)といういちごもファンが多い品種です。

紅ほっぺは、粒がとても大きく酸味が少ない

粒がとても大きいものが収穫でき、果肉は比較的やわらかいいちごです。酸味が少なく、甘みを感じやすためお年寄りから子供まで人気のいちごです。

P1040804

おいCベリーは、ビタミンCが1.5倍!

ビタミンCの含有量が他のイチゴの約1.5倍あります。酸味と甘みのバランスが良く、味にコクがある。スーパーや百貨店でもあまり販売されていないいちごです。

P1040796

桃薫(とうくん)は桃の香りがするめずらしい品種です。

2P1040763

就農のきっかけ 【動画】

就農して5年。大学の課題で都市農業の取材しているうちに、都市農業に興味を持ったそうです。いちごをはじめた理由は、奥様がいちごを好きだったから。楽しく農業を続けるためには好きなものを育てるのが一番。

P1040792

P1040811

顔の見える都市農業 【動画】

都市農業の良い部分は、お客様の顔が見えるということ。一般の消費者や店舗のシェフなどコミュニケーションをとりながら農業ができることが一番のメリットです。

P1040773

P1040800

P1040780

さちのか、あきひめも 【動画】

おいCべりー、紅ほっぺ、桃薫(とうくん)、さちのか、章姫(あきひめ)を栽培しています。

P1040791

P1040809

P1040795

P1040783

P1040816

  • 取扱い品目/いちご、野菜全般
  • 営業期間/●仲町台イチゴハウス:12月~5月ごろまで販売 ●北新横浜直売所:夏季:6月~8月お盆前まで 冬季:11月~2月まで
  • 営業時間/●仲町台イチゴハウス:10時~13時なくなり次第終了 ●北新横浜直売所:15時~16時
  • 定休日/お問い合わせください
  • 住所/●仲町台イチゴハウス:横浜市港北区新羽町4327 ●北新横浜直売所:横浜市港北区新羽町650
  • 電話番号/080-4004-2566
  • 公式サイト/http://www.nagasawafarm.com/

長澤佑典さんのインタビューをテキストで読みたい方はこちらからご覧ください

「顔の見える都市農業を実践したい」ながさわファーム – 長澤 佑典さん

コメントを残す