「ローカルの活動をグローバルな活動につなげていきたい」今林 久則さん

家庭菜園が農業との出会いなんですよね

今林 食糧自給率が話題になった時代に、家の中の自給率から変えてみようと家庭菜園を始めたんです。雑誌を読みながら独学で7年くらい。プランターから庭、市民菜園へと栽培の範囲を広げていきました。

茅ヶ崎に引っ越してきてからも農地を借りて栽培を続けていた。農業を始めようと思って、引っ越してきたわけではないんです。農地を借りたのはあくまでも、家庭菜園の延長だったんです。

そこから本格的に農業をはじめようと思い、縁のあった相原農場さんに研修にいきました。就農計画を提出したり、研修期間にいろいろ準備をして職業として利用する畑を借りました。不安は、あまりなかったです。むしろ、これでやっていこうとうワクワク感が強かった。

当初から慣行栽培での農業は考えてなかった。最初にお借りした畑が化成肥料を使っていない畑で、研修先の相原農場さんも有機栽培なので、そのスタイルで始めようと。

肥料をあまり与えないとか

今林 無農薬・無化学肥料が基本です。そして有機肥料もできるだけ使わないように心がけています。有機肥料をいれなくても元気な野菜はつくれます。例えば、菌根菌という野菜と共生する菌がいます。土の中から野菜が必要とする分だけ肥料を供給してくれる。

肥料分をたっぷりと与えるとこの菌根菌が出なくなる。野菜や畑の土の状態をよくみながら、肥料のバランスを考えることが大事です。

たくさんの種類の野菜を栽培されていますね

今林 70品目くらい、品種にしたら3倍以上でしょうか。(笑)相当多くの野菜を育てています。作りたいと思う野菜を見つけたらチャレンジしてしまう。お客様からのニーズがあるからつくる、ではないんです。

以前、アーティチョークも栽培しましたが買う人がいなかった(笑)。おしゃれな野菜ですね、と言ってくれる人はいるけど、買わない(笑)。野菜の情報はネットや周囲の生産者、雑誌や本などで収集しています。

栽培をはじめるときには、採算は考えていない。でも、持続可能な農業にしないといけないので、売れる野菜、自分が作りたい野菜のバランスをきちんと考えていくことが課題ですね(笑)。

野菜の種類以外でのこだわりはありますか

今林 野菜の収穫期は3つに分かれています。「はしり」、「さかり」、「なごり」。どのタイミングでもそれぞれの味わいがありますが、収穫期中の旬である「さかり」の野菜を食べていただきたいですね。

寒い時期から保温など温度調整をして育てるようなことはなるべく避けたいですね。野菜が無理なく、自然に大きく育つ時季に適切な野菜を育てることを大切にしていきたい。



これから取り組んでいきたいことはありますか

今林 国連サミットで採択された、国際社会共通の目標SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」。いきなり地球全体の目標とかになると自分とは関係のないことのようにとらえてしまいがちです。

しかし、こうした考えに自分たちのローカルな活動をコミットして、参加者を巻き込んでいく役割を担っていきたい。ローカルフードサイクリングにて実践したいと思っています。

参加者の意思がグローバルな活動につながっていく。そういう意識を持てるようにする。自分たちの活動が世界にもつながっていき、世の中の役に立っている。こうした意識と活動が浸透していくと地域の人を含めた力はさらに大きくなっていく。そこには楽しみながら活動することが重要なんです。楽しくないと持続可能にならない。

こうした考えはいつからですか

今林 農業研修中から考えていました。農業者としての自分の立ち位置にもつながる。やりたいことの主旨を理解してもらい、納得感をもって取り組み、実行する。周囲の人を巻き込んで活動を展開することは、会社員での経験が活きています。

あとは、自家採種にも本格的に取り組んでいきたい。固定種の野菜の種をとって、その種で野菜を作っていく。これも地域循環の活動になります。いまでもやってはいますが、まだまだ種の種類が少ないので。「地域内での循環」は大きなテーマのひとつですね。

同じマンションで暮らす方と一緒にいろいろな取り組みをされている今林さん。野菜をつくって、買ってもらってという関係ではなく、ひとつのチームとして活動をされている印象を受けました。こういう考えを持つ生産者が身近にいる地域はとても幸せだと思います。
取材:2018年07月17日 堀尾タモツ

イマハ菜園
http://imaha-vg.com/
※ホームページから野菜の注文ができます。

Facebookページ
https://www.facebook.com/imahavegetablegerden/

090-8627-8696
imahavege@gmail.com

【PR】JAタウン


しっとりとした贅沢な甘みをお楽しみください


【PR】JAタウン


家庭用ですが、甘さ、酸味もある美味しいサンふじ


おすすめ記事

関連記事一覧

おすすめ記事

横浜とれたて野菜

横浜の農家さんや食に関するクリエーターを取材。農業や野菜作りに関するこだわり、おすすめの野菜、旬な野菜の情報が満載です。野菜の直売所、お米に関する取材も。農業を身近に感じることができる農業情報サイトです。