「先祖代々、鎌倉時代からお米と野菜を作り続けています」川戸 吉博さん

横浜まるだい農園直売所 川戸吉博さん

横浜市戸塚区で農業を営む、川戸吉博さん。横浜丸大(まるだい)農園として、年間約40品目の野菜やお米を作っています。先祖代々農業を営み、さかのぼると鎌倉時代までになります。東俣野と舞岡にある田んぼでお米作りをしています。

川戸吉博さんにお米作りについて、お話をお聞きしました。

いつ頃からお米作りをされていますか?

川戸 お米は先祖代々、鎌倉時代から現在の場所で栽培しています。

田んぼの広さはどのくらいですか?

川戸 東俣野の田んぼが、20a。舞岡が27aです。自作田が35a、借りている田が12aです。



お米の収穫量はどのくらいですか?

川戸 約10a当たり600㎏くらい。しかしその年々の出来具合で収穫量は変わります。

作っているお米の種類は?

川戸 昨年までキヌヒカリを栽培していましたが、今年からはるみ(キムヒカリとコシヒカリを交配)を栽培しています。

おすすめ記事

関連記事一覧