1段目の花びらはすべて取り終えました

トマトの成長をお届けする第6回目の日記。小間園芸さんに、お話をお聞きしました。

第6回 2018/03/26

一段目のトマト、大きくなりなりましたね

 そうですね。いまのところ順調に成長しています。収穫までには1か月以上ありますから、まだまだ大きくなります。

1段目の実です。先週よりもかなり大きくなりました



1段目の花びらは取り終えたのですか

肇さんの花びらを取る作業の様子です

 はい。半日作業を2回、トータルで丸1日くらいの作業。

ハチを使って受粉する場合には、花びらを手で取る作業が必要かはわかりませんが、ここではすべて手作業での受粉なので、どうしても花びらを取る作業は必要です。

手で受粉させると種の大きさに変化があると

 種が大きくなる傾向がある。お客様の中には入れ歯の方もいらっしゃいます。

種が入り込んでしまうと痛くなってしまう、でも、小間園芸のトマトはそうならないという声をお客様から聞いてこのスタイルになりました。トマトの種の食感が苦手なお客様も多いですよね。

この作業は上の段の方まで続きますか

 一番上の方まで来たら必要なくなります。梅雨の時期はダメですが、暖かく湿度が低くなる時期には摘果作業だけ。

寒くて湿度の高い時期は丁寧にやらないと。

最近は20℃に近い日が続くようになりましたが、まだ暖房は回っていますか

 今朝もハウス内の温度は、10℃以下だったのでまだ必要です。湿気があると病気の原因になるので、温度、湿度管理はとても大事です。

プロの作業を見ているととても簡単に見えてしまいます。実際に作業をしてみたら、何倍、何十倍の時間がかかってしまうでしょう。条件が整合ったタイミングで手早く、確実に作業を実施することはとても大変なことだと実感しました。
取材:2018年03月26日 堀尾タモツ


野菜が育つ様子をお届けする「トマトの成長日記」。このコンテンツは、横浜市泉区の小間園芸・肇(はじめ)さん、一貴(かずき)さん親子にご協力いただき、連載していく予定です。
小間園芸 公式ホームページ:http://komaengei.com/

小間園芸の野菜直売についてはこちらをご覧ください。

「完熟トマトのケチャップに込められた思い」はこちらからご覧ください

おすすめ記事

関連記事一覧