畑に定植したら、次の種を蒔きます

レタスの成長をお届けする第4回目の日記。小間園芸さんに、お話をお聞きしました。

第4回 2108/03/12

この時期はどのような作業を

 いまは成長の様子を見る時期ですね。あとは気候を見ながら、トンネルをはがすタイミングを見る。だいたい、3月終わりから4月くらいでしょうか。

虫などにも注意が必要ですか

 虫がつくとしたら、もっと成長してきたときですね。ついていたら早めに対処します。ハモグリバエという虫がいるのですが、生育中の葉の中に侵入して卵を産みつけます。

幼虫になると葉に潜ってしまうので、そうなると商品にならなくなってしまうので要注意の虫ですね。


畑に定植する作業と次の種を蒔く作業はどのくらいの間隔ですか

 畑に定植すると、種を蒔く、というタイミングで順次育てていきます。冬の寒い時期は定植する1週間くらい前に蒔きますが、目安としては、定植する日の前後です。

春のレタス栽培はいつまで

一貴 GW明けくらいまでの収穫ですね。次に蒔くのが8月くらいになります。

これは、先週蒔いたレタスです。まだまだ小さいですが、葉が出てきました。

種を蒔いて、ハウス内で育てて畑に定植する。そして、次の種を蒔いて育てる。気温、気候を見ながら、さらに他の野菜の栽培も並行しながらの作業なので、とても神経を使うことがわかります。
取材:2018年03月12日 堀尾タモツ


野菜が育つ様子をお届けする「レタスの成長日記」。このコンテンツは、横浜市泉区の小間園芸・肇(はじめ)さん、一貴(かずき)さん親子にご協力いただき、連載していく予定です。
小間園芸 公式ホームページ:http://komaengei.com/

小間園芸の野菜直売についてはこちらをご覧ください。

「完熟トマトのケチャップに込められた思い」はこちらからご覧ください

おすすめ記事

関連記事一覧