「やっとたどり着いたいまのスタイル。でも、ここがゴールではない」久保寺 智さん(後編)

小田原を拠点に、シンプルな農業を目指している久保寺農園。運営者の久保寺 智(くぼでら さとし)さんにお話をお聞きしました。
久保寺農園のホームページ

就農したときには、これでやっていけるという実感はありましたか

久保寺 スタートした時、なんの勝算もありませんでした。どこまで思い描く農業を進めていけるのか、という心境。手探り状態でした。1、2年間は作業時間を時給に換算したら200円くらいでしょう。採算はとれないし、貯金も切り崩してなんとかやりくりしていました。

でも、そんな状況下でも、根っこの部分には農業旅で見出した希望が揺らぐことはありませんでした。そうやっていくうちに、なんとかできるという実感を持てるようになりました。

それはいつ頃ですか

久保寺 3年目です。もともと、お客様についてはなんとかなると思っていました。とてもありがたいことに、就農した当時から応援してくださる方たちが多くいたということもあり、人には恵まれていました。

うまく野菜を作れないときから力強く支えてくれる皆さんが周囲にいてくれたお陰様で、きちんと作れるようになればなんとかなる、という確信が持てたのです。



どうやって「きちんと作れる」ようになろうと

久保寺 先人が積み上げてきた農業のルールを参考にしてきました。それをもとに、自分のやり方を実現するにはどうすればいいのかを試行錯誤してきました。

理想とする栽培手段は違っても、基本的な栽培技術は、教科書に書いてあるような基礎的なことをもっとも大切にしてきました。その中で、それを自分の理想のスタイルに当てはめるのはどういう方法をとることが最適なのかを考えます。

基本的には農学的なアプローチが好きなんです。農学や植物生理学などの勉強をするのはとても好きです。どういうメカニズムでそれが行われているのかを調べ、考える。目に見えていない部分で、何が行われているかも考える。

自然がなんとかしてくれるから、という感覚的なアプローチ方法はあまり好きではありません。技術、知識をもとに仮説をたてる。その仮説の中から自分の納得のいった実践方法を選び、それを実践した過程でどんなことがおきるのかを観察します。

それがうまくいかなったときは、別の仮説を立ててまた実践する。その繰り返しの行程に価値を感じています。

おすすめ記事

関連記事一覧