「やっと巡り合った栽培方法で育てたトマトを味わってほしい」金子 昇一さん

横浜市泉区にある野菜直売所「トマトハウス」。水気耕栽培で育てたトマトが自慢です。金子昇一(かねこ しゅういち)さんにお話しを伺いました。

季節を通して、安定した味、収量をお客様にトマトを提供できるのが水気耕栽培の良いところ

水気耕栽培の特徴を教えてください

金子 土での栽培でも一年を通じてトマトを作ることはできると思いますが、土の肥料管理は難しいですよね。肥料を与えすぎると茎が太くなったり、それ以外のことでもいろいろな問題が発生しやすい。それと比較すると、水気耕栽培はそういう問題は発生しにくいと思います。

水気耕栽培で育ったトマト



季節を通して安定して美味しいトマトを栽培できる

金子 そうですね。真夏のハウス内は温度が相当上がるため、その期間は収穫作業はしません。その時期をのぞいて、10月から翌年の6月 いっぱいくらいですね。トマトの価格も夏場は下がってしまうし(笑)。

収穫したトマト

通常は1年2作の栽培体系が多いと思います。5月末頃から6月の頭に種をまき、12月いっぱいまで収穫。その作は終わりにして、12月からまた種をまき、4月頃から5月、6月頃まで収穫、というサイクルが一般的でしょうか。

ここでは、一度販売を開始したら栽培している間はトマトを切らさないで、お客様にトマトを提供したいと考えてやっています。

おすすめ記事

関連記事一覧