「オススメの浜ぶどうは、藤稔(ふじみのり)です」わたなべの浜ぶどう – 渡辺 多恵子さん

わたなべの浜ぶどう 渡辺 多恵子(たえこさん)さん

横浜市緑区にあるぶどう直売所、わたなべの浜ぶどう。長女の多恵子(たえこ)さんにお話しを伺いました。

9種類のぶどう中でも、オススメは藤稔(ふじみのり)!

藤稔(ふじみのり)はどんな、ぶどうですか

藤稔(ふじみのり)最大の特徴は、甘さと、粒の大きさ。とにかく粒が大きい!

わたなべの浜ぶどう 藤稔(ふじみのり)

粒の大きいものだとピンポン玉くらいになるといわれています。

わたなべの浜ぶどう 藤稔(ふじみのり)

黄玉(おうぎょく)は、小粒だが糖度の高い品種で甘くておいしい。



わたなべの浜ぶどう 黄玉(おうぎょく)

翠峰(すいほう)大粒で香りが豊か。さくっとした歯触りで食べごたえがあります。

わたなべの浜ぶどう 翠峰(すいほう)

コルビーは大粒で、甘さも人気ですが、香りに特徴があります。

わたなべの浜ぶどう ゴルビー

9種類のぶどうは、それぞれに特徴があります。お好みのぶどうを見つけていただけれると、うれしいです。

直売所にならぶ時期は

8月の中旬、お盆くらいには毎年収穫が始まる感じです。食べ比べてみるのも楽しいと思います。

経験はもちろん、センスが問われるぶどう栽培

いつ頃からぶどうの栽培を?

5年前から収穫がスタートしました。毎年8月中旬から自宅の直売所が開店、約1ヶ月間ぶどうの販売をおこなっています。

ぶどうは9種類栽培しているんですね

はい。藤稔(フジミノリ)、黄玉(おうぎょく)、翠峰(すいほう)、紫玉(しぎょく)、ゴルビー、キャンベル、ピオーネ、ハニービーナス、シャインマスカット、の9種類です。

わたなべの浜ぶどう 渡辺 多恵子(たえこさん)さん

ぶどうの栽培ならではの苦労もたくさんありそうです

そうですね、例えば、摘粒(てきりゅう)という作業があります。栽培過程で、かなりの数の粒を落としていきます。



当然、ただ落とせばいいということではく、この作業には毎年苦労しています。

わたなべの浜ぶどう 黄玉(おうぎょく)

マニュアルのような作業とはいかない?

上、下を向いている粒は、押し合ってつぶれてしまうのでそれを抜くのは基本です。しかし、それ以外にも粒の成長を見極めた上で、どの粒を抜くのか。おいしいぶどうに育てることはもちろん、最終的な見た目のきれいさ、バランスの良さなども重要なのです。

わたなべの浜ぶどう 渡辺 多恵子(たえこさん)さん

そのためには、経験だけでなくセンスも必要になってくるので、それが大変です(笑い)。

  • 取扱い品目/浜ぶどう

  • 営業期間/8月中旬~9月中旬頃

  • 営業時間/09:30~

  • 定休日/月

  • 駐車場/有

  • 住所/横浜市緑区北八朔町181

  • 電話番号/045-931-4473

  • 取材:2014年08月07日 堀尾タモツ



    「浜ぶどう」は緑区にあるぶどう直売所、わたなべの浜ぶどうで購入できます

    わたなべの浜ぶどうで栽培・販売しているぶどうはこちらからご覧ください

おすすめ記事

関連記事一覧