「きよ・マルシェは、新しい農業のカタチをつくる可能性を秘めている 」三好 崇一郎さん

きよ・マルシェの運営に携わっている、三好種苗株式会社 取締役・専務の三好 崇一郎さん。きよ・マルシェがはじまった理由、運営のノウハウについてお話をお聞きしました。

きよ・マルシェのはじまり

きよ・マルシェを始めたきっかけを教えてください

三好 三好種苗の本店は中山にあります。事業が大きくなるにつれ、搬入や倉庫の問題が出てきました。その時に、きよ・マルシェの会長である平本喜誉作(ひらもと きよさく)さんに声をかけていただいたのです。

現在、きよ・マルシェがあるこの敷地に羽沢店を設立しました。敷地が広いので倉庫だけだともったいなぁと。そこで資材置き場と事務作業ができるスペースを作りました。



それでも、まだスペースがあるので何かできないかと農家さんに声をかけたのがはじまりです。8軒の農家さんからはじまって、現在は15軒の農家さんが参加しています。

最初から8軒の農家さんが参加されていたんですね

三好 この地区で羽沢のキャベツを共同で出荷していたグループがあったのです。また、スーパーに出荷しているグループもあり、共同で取り組むベースができていました。知った者同士で仲もよかったから、直売もやってみようかという流れができたと思う。

最初は売り場が無かったから軽トラックの荷台で野菜を売っていました。当然レジも無く、売上げ管理など数字があわないこともあって大変でした。そんな状態なので農家さんも半日は直売所に立つことに。当初はそれほど売上げもなかったので、労力、時間、売上のバランスが成り立っていかなかった。

農家さん一家総出で協力しないとても実現はできなかったと思います。そのくらい農家さんの時間を栽培以外のことに使うのは大変なことなのです。

おすすめ記事

関連記事一覧