「無化学肥料・無農薬栽培にこだわる理由」長岡 親一郎さん

えんちゃん農場 長岡親一郎さん

長岡さんは15年の会社員生活を経て、2012年に就農しました。実家が農家ではなく、横浜で新規就農されるのは珍しいと思います。

★無化学肥料・無農薬栽培
★横浜身土不二

この2つがキーワードです。
長岡さんが何にこだわっているのか、その理由も含めてお聞きしました。きっとあなたも長岡さんと彼が作る野菜に興味が湧くと思います!

人間のカラダに優しい農法。お客様が選ぶ選択肢のひとつになれば

無化学肥料・無農薬栽培の持つ意味とは?

長岡 農業を始めるにあたって、無化学肥料無農薬栽培を考えました。体に優しいということよりも昔から食べていたものを現在でも食べられるようにする。これが無化学肥料無農薬栽培の役目だと思います。

P1030303

農薬とか化学肥料があると栽培の効率はいい。野菜栽培の歴史にはいろいろな説がありますが何万年あったとして、化学肥料や農薬を使い始めた期間はまだ200年以にはなっていないと思います。



何万年かのうちの、100年や200年という期間。これだけでは農薬や化学肥料が人間の体にどういう影響を及ぼすのかという判断は難しいと思います。

えんちゃん農場 レタス

もっと時間をかけないとそれに対する評価はできないのではないでしょうか。無化学肥料無農薬栽培はずっと昔の農法に近いことをやる。それをやっている人がいるということで、野菜を購入する側に選択肢が増える。そういった多様性の一端を担うことができたらいいなと思います。

そういう考えで無化学肥料無農薬栽培を実施しています。体に悪い、環境によくないという言い方もできますがそういう側面だけを見ているのではありません。

えんちゃん農場 コールラビ

いままで、人間が生きてきた中で胃袋や腸の構造は、農薬や化学肥料を受け入れられる状態にはまだないように思うからです。これからまた5000年、1万年とかたって農薬や化学肥料に体がなじむこともあるかもしれません。

そうなれば無農薬栽培にはなんの意味もなくなるでしょう。でも、まだまだそこまでの年月が経過していないいまは、選択肢のひとつとして無化学肥料無農薬栽培はあった方がよいと思います。

P1030351

おすすめ記事

関連記事一覧