「手を抜かずに丁寧に野菜を育てる」三村 薫さん

三村薫さん

「20年近くやっていても、まったく手を抜くことができない」と三村薫さん。

トマトは三村さん自慢の野菜です。忙しいとき、慣れてきたときに少しでも手を抜いてしまうと、必ずどこかにその影響が出てしまうという。

手を抜くといっても適当なことをされているわけではもちろんなく、日々の細かな手入れ、管理や可能な限り農薬を使わないで栽培する場面においてということだと思います。

そのくらい野菜作り、特にトマトの栽培は難しいとお話してくれました。取材時はトマトも終わりの時期でしたが、それでもトマトの濃厚な気配が残っている畑が印象的でした。

できるだけ農薬を使わない、だからこそ丁寧に手入れをする

ご自慢のトマトについて教えてください

三村 夏の野菜の王様はトマトです(笑)。どこの農家さんも一緒だと思いますが、トマトは農家としては稼いでくれる品目になるわけです。ですが、トマトというのは手をかけてやればやるほど、いいものができる野菜でもあります。

三村薫農園 トマト

病気には弱いという面もあるので、稼ぎになる野菜でもあり、育てるのが大変な野菜でもあるということです。例えば、一昨年か昨年、少し手を抜いてしまった年がありました。

もうトマトは今年ダメだという感覚で結局ほとんど収穫ができず、残念な思いをしたことがあります。つまり、基本に戻って、基本に立ち返って一生懸命やらないとダメだということですね。これは野菜全般に言えることでもあります。

トマト栽培は大変なんですね

三村 大変です(笑)。それだけ稼いでくれる野菜だし、きちんと手をかけないと。どこかで手を抜くと必ずどこかに出てきます。例えば、土壌消毒しても今年はちょっと手が足りないから、やめておこうと。

三村薫農園 フルーツトマト

そうすると、そのことがね、2カ月3カ月と経過するごとに必ず何かが出てきます。あとのきちゃんとやっていればよかったと、あとで反省することも多くあります。



当たり前といえば当たり前なのですが、毎年同じやり方でやっていてもだめなんですね。忙しさや慣れが出てくると、どうしても手を抜いてしまうときが(笑)。それは結果として必ず出ます。かといって、農薬をたくさん使うのは避けたい。

三村薫農園 フルーツトマト

赤い実がたくさんなっているところに農薬をどんどんかける。そういうことは私はやりたくないのです。だから、できるだけ農薬をかけないでいいものを作ろうということを努力し考え続けています。

トマトが直売所に並ぶ時期は?

三村 他よりも一か月前に動いていますので、一月の終わりには種をまいて。それをハウスの中で育てて4月に定植、6月には収穫できます。普通に成長していくと6月初め日のほんとに大変な状態(笑)。そういう感じで毎年やっています。

おすすめ記事

関連記事一覧