トマトを水気耕栽培で育てる、泉区の野菜直売所

水気耕栽培で育てたトマト

水気耕栽培とは?

水気耕栽培とは、「土」を一切使用せずに、水と栄養素を含んだ肥料で作物を育てる栽培方法。

水気耕栽培には、以下のようなメリットがあるようです。
(素人が調べた結果なので、認識違いがあるかもしれませんが…)

  • 連作障害がほぼ発生しない
  • 季節に関係なく、収穫が可能になる
  • 作物の病気や害虫の被害が少ない

「食べる側」のメリットは、いつでも「旬」な作物を食べることができる、ということだと思います。

水気耕栽培でトマトを育てる「トマトハウス」

泉区にある野菜直売所「トマトハウス」の金子さんは、水気耕栽培が一般的な農法になる以前から、水気耕栽培を始められたそうです。トマトの品種は試行錯誤の末に、「ハウス桃太郎」を使用。地下約100メートルから吸い上げている、水をふんだんに使って育てています。
水気耕栽培に成功した秘訣は、トマトを育てた経験もなかったため、新しい技法に素直に取り組めたこと、と教えてくれました。知識や経験豊富な人の場合、新しい栽培方法においても、いままでに得てきた経験から、いろいろな手当をしたくなる。それがかえって失敗を招いてしまう。

金子さんが水気耕栽培で育てたトマトは、横浜市泉区の野菜直場所 トマトハウスで買うことができます。

トマトハウスの詳しい情報→

おすすめ記事

関連記事一覧