キャベツの苗植え作業をお手伝い

キャベツの苗を定植

今回の農業ボランティアは、キャベツの苗植え作業のお手伝い。5000苗を定植。泉区の農家さんの畑にて作業をする。苗を畝に置いていく人、その苗を植える人に自然と分かれての作業。植えるよりも、置く作業の方が少し大変。植える人の作業が早く、追い立てられるように、置いていく…。

定植が完了しても安心はできない

休憩も入れて2時間で5000苗の定植が完了。畑にはまだ空いているスペースがあるが、収穫のことを考えると一度にうめてしまうのはまずいとのこと。さらに、これから気温が上がってくるので植えてから成長するスピードがどんどん速まってくる。そうしたことも含めて作業の段取りを読んでいく必要があると。そこまで準備をしても、鳥に抜かれ、悪天候などでやられてしまう、収穫できるようになったと思ったら、盗難にあうことも。心配のタネはつきない。

おすすめ記事

関連記事一覧