農業ボランティア活動への参加

横浜市泉区のボランティア団体

地元の農家の活動を手伝うボランティア団体がある。高齢化や担い手不足に悩む農家の農作業支援を行うことを目的として活動。農家:30戸、ボランティア:35名くらいが登録している。
先日、その活動に参加し、キャベツ畑の草取りのお手伝いをしてきた。10名くらいで、休憩時間を入れて3時間弱。予定の敷地の草を取り終える。運動不足の体にはけっこうきつい…。

ボランティア活動の面白さ

草取りのような、特別な技術が必要とされない人の手が必要な作業もたくさんあり、それが必要なタイミングもあるだろうし、そのやりくりは苦労が多いのだろうと思う。このボランティアに参加されている方は仕事をリタイアされていて、いろいろな活動を行っている人も多く、その元気さには圧倒される。農家さんの声を直接聞けるし、普段、関わることの無い地元の人たちとの会話も面白い。どこの地域に行っても、自主的に何かをされている人たちから受ける刺激はとても貴重だ。

パソコンの外の世界

とにかく、自ら動くこと。「パソコンいじっているだけじゃダメだろ。土いじったりするのが大事なんだよ。」と、おっちゃんに言われた。

おすすめ記事

関連記事一覧